育児も自分磨きも全力で楽しむ2児ママのブログ

4歳女の子と2歳男の子のママです。二世帯住宅で義家族と暮らしながらも育児や仕事、自分磨きも楽しんでキラキラ過ごしたくていろいろ頑張る29歳ママのブログです!

一眼レフでもスマホでも、子供を撮るときにまず考えること

我が子の写真を撮ろうとする時、

何か理由があることは多いと思います。

 

お誕生日だったり

七五三、初節句、遠足、入園入学式、

家族旅行、はじめてのお料理、などなど。

 

理由がある時も

ふと思いつきで写真を撮る時も

何も考えずにいると

なんでこれを撮ったのか?と

練習みたいな写真が多くなってしまいます。

 

写真を撮るときに、まず大切なのは

どういう絵を撮りたいか

イメージすることなんです!!

どうしたら撮りたい写真のイメージを

きちんと思い浮かべられるようになるのか。

簡単にできるポイントをお伝えします!

 

1.どんな顔(表情)を撮りたいか

子供の笑顔や泣き顔など

残したいのはお子さんの姿ですよね。

 

写真の主役は子供です!

それはハッキリしていますね。

では、どんな表情を撮りたいでしょうか?

 

七五三や入園入学式など

かしこまった行事や場面では

緊張している表情、

ちょっと不安そうな表情、

普段とは違う服装の姿、

などを撮りたいでしょうか。

 

お誕生日やピクニック、

お正月やクリスマスなどでは

晴れやかな笑顔と一緒に

プレゼントやご馳走にウキウキする雰囲気も

残したいですよね!

 

どんな表情や姿を残したいかを考えると

正面から撮るか、後ろから横から撮るか

と言った

どの角度から撮りたいか、という

イメージが湧いてくるはずです。

 

2.どんな背景にしたいか、何と一緒に撮りたいか

どの方向から撮りたいかが

イメージできたら

次は背景や一緒に撮りたい物を考えます。

 

春なら桜やお花や

お花見のお弁当など、

夏ならひまわりや虫取りカゴを構えた後ろ姿?

秋は紅葉や焼き芋、冬なら雪だるま、

などでしょうか。

 

ほしい表情をより活かせるような

背景をイメージして、

一緒に撮りたい物を画角に入れるような

位置に移動する。

 

先程触れた、

角度ももちろん考慮すると

自分が撮影する位置が定まりますし

背景や一緒に撮りたい物も

きちんと捉えやすくなります!

 

3.どんな大きさで写したいか

子供の表情を全面に出すのか、

全身を写すのか、

全身の時、

人を画面いっぱいにするか、

周りの雰囲気もある程度入れるのか。

 

どんな絵にしたいか、

ということとほぼ同じことなのですが、

1.と2.かきちんとイメージできていれば

3.は最後の微調整みたいなものです!

 

表情を画面いっぱいに写すと

お顔の可愛さが引き立ちますね!

周りの風景を入れると

子供の身長がどのくらいなのか、

小さい子供の可愛らしさなどが

引き立ちます。

 

周りのものをたくさん入れると

ストーリーを感じやすくなると

私は思っています。

昔の写真を見ていると、

お天気や建物から

その日その時の記憶が蘇ってきますよね。

なので、アップの写真と一緒に

背景考えながら

少し引き気味でも写真を撮るように

私は意識しています。

 

 

どんな表情を、何と一緒に、どんな大きさで

写真に撮りたいか。

これがイメージできると

自分がどこでどう撮ればいいか

迷うこともありませんし、

子供の表情が一番いきて

何を伝えたいのかが伝わりやすい写真が

撮れると思いますよ!!

 

どう考えたら撮りたい写真のイメージを

きちんと作れるのか。

ご参考にしてみてください!!

 

 

撮影の例

入園入学式を例に、

お伝えしたやり方をイメージしてみます!

 

まず撮りたいのは自宅を出る前の

準備しているところですよね!

慣れないかしこまった服を着て

照れているような表情。

お母さんお父さんも普段と違う雰囲気で

お互いにファッションチェックしている、

みたいな場面を

私はまず撮りたいな、と、思います。

 

これはお家で子供とママパパが

自然に話しているところを

横向きで全身で写す、ということになります。

 

次に会場に着いてから

正門の看板と家族、の

お決まりの1枚も欲しいですね!

看板と子供、家族を

画角いっぱいに写すのと

校舎が背景になるならばそれを

背景にしてもらいながら自分も加わって

撮ってもらいます。

 

式の最中は可能な範囲で撮影。

式後は周りの展示物やお友達と一緒に、

緊張しているような表情を撮りたいですね。

仲良しのお友達との

笑顔の写真も撮りたいです。

 

そして最後は、

無事に式が終わって安堵して

普段に戻った表情。

こちらはお家でも撮ってあげたいですね!

 

 

 

例ではザックリですが、

どんな感じで

撮りたい写真をイメージするのか

伝わっていたら嬉しいです!

 

専門的にいろいろ考えると難しいですし

凝りはじめるといくらでも

工夫できますが

我が子を撮る、ということだけなら

シンプルでもポイントをおさえれば

素敵な写真が意外と簡単に

撮れますよ!